blog

18歳で会社を作った話。

2015.6.14

s_DSC_7353

BitVCという会社を作りました。

創業パーティーのために41歳の友人、 田村淳さんが駆けつけてくれました!

仲間や友だち、お世話になっている方々、 合計30人以上の方が来てくれました!

■会社を作った経緯

すべてのはじまりは金杉肇さんと出会ったこと。

マネーと国家と僕らの未来」という本を読んで、

これは会うしかない!とメッセージしまくったら話す機会をもらえて。

 

s_DSC_7525

 

金杉さん、学生にすごく厳しそうだなという印象だったんだけど、

おそるおそる「貯金0円なんですけどエンジェル投資家になりたいです」 って打ち明けたら

グサっと刺さったみたいだった。 コイツいい感じにおかしいんじゃないかと。

そこからはトントン拍子で会社をつくることに…。

BitVCの最初にリリースしたサービス「TAKEOFF」、

アーティストに特化したクラウドファンディングというアイデアも 誰からともなく出てスムーズに決まった。

 

■未成年は会社を作りづらい

日本は未成年の起業に向いてない。大変だった。

法務局や公証役場の手続きがめちゃくちゃダルい。

親の同意書が必要とかほんとうに面倒くさい。

会社つくるのはオレなのに何で親が出てくるんだか意味不明。。。

 

s_DSC_7458

 

■アイデアなんて無価値

田村淳さんがやってくれたツイキャス。

応援コメントをたくさんもらったんだけど アンチコメントもいくつかあった。

「そんなん誰でもできるやん」ってつぶやいてる人がいたんだけど、

本当に誰でもできるから、みんなやった方がいいよ!という話。

いつか起業するじゃなくて今。今すぐやったほうがいい。

 

ぶっちゃけ俺が考えたアイデアなんて

同じこと考えついた人は100人以上いると思う。

でも、アイデアなんて無価値。やらなきゃ意味が無い。

 

たぶんなんだけど。

世の中にアタマいい人はごまんといる。

すごいアイデアを考えつく人もごまんといる。

だけど、アイデアを実現できる人はほとんどいない。

とにかくやることに価値があるんだと思う。

これを読んでくれる人のなかで

なにかアイデアを持ってるなら今すぐやってほしい。

 

s_DSC_7537

 

■創業パーティーに来ていただいた皆さんへ

もしくはツイキャスでみてくれていた方々。

昨日はありがとうございました!

20歳でエンジェル投資家になるという目標を達成するため

なんとしても「TAKEOFF」を成功させたいと思います。

クラウドファンディングというサービスは

さまざまな方とコラボしやすい特徴があるので

ぜひみなさんと協力していきたいと思っています。

 

今後ともおのなおとBitVCをよろしくお願いします!

 

s_DSC_7784

 

みなさんに1点だけお願いが。

GHORUS」というSNSの拡散サービスで「TAKEOFF」 のプロモーションをやってます。

もしよろしければ応援していただきたいです。

「Twitterで応援」していただけるとうれしいです。

URL:https://ghorus.com/projects/875

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP