interview

大学生インタビュー@吉田拓巳

2015.6.25

高校生の素朴な疑問

「大学って行く意味あるの?」

「大学って実際どんなところ?」

を解決するこの企画。

その名も大学生インタビュー!!!!!いえい!

今回のゲストは吉田拓巳さん。

吉田拓巳

1996年 9月17日生まれ 東京生まれ下町育ち。

御徒町の高齢者は大体友達。

好きなことは絵を書くことと、人間観察。

いま挑戦してるものは手話。

現役東大生です。

11650572_854529464626003_1209635003_n

 

____________________________________

■大学について

 

S__6398170「どーも、おのなおTVです。今回のゲストは吉田拓巳君です。」

11650572_854529464626003_1209635003_n「どーも、吉田拓巳です。VJではないです(笑)」

S__6398170「なるほど、VJにも吉田拓巳君がいますもんね。大学はどちらにいかれているんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「東大です。東大の1年です。」

S__6398170「おお!あの日本で一番頭が良いとされている東京大学ですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「いや、大東亜帝国の一個上にある東大です。」

S__6398170「あー、東洋大学ですね。(笑)なんでその大学を選んだんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「理由はいろいろあるんだけど、俺は高校時代いわゆる『意識高い系』の学生だったんだよね。

学生団体とか意識高い系なイベントとかに行きまくって、上野にいる外国人観光客をガイドしていたり、

SNS上に『俺意識高いです』とかあげてたりとか行動力のある学生だった。

そしたらいろんな人に『拓巳を見てインスピレーションを受けた、ありがとう!』って言われて、

それが自分の原動力になってたんだよね。それで俺意識高い系極めたみたいな感じで天狗になってて、

だって遊びも知ってるし、行動力もあるし、俺は神だからみんな俺に崇拝しろと思ってたんだよ(笑)

でもあるイベントに行った時に、黒いウルトラライトダウンのジャケットを着てる25歳くらいの人がいて、そいつを驚かせてやろうと思って話しかけたらまさかの俺よりも1個したで俺より行動してて

敗北感を味わったんだよね。そいつがおのなおなんだけど。まあそれはおいておいて、

そこからどうして東洋大学に行ったかというと、そういう『意識高い系』とかは

慶應SFCに行く人がほとんどなんだけど、でも俺が本当にやりたいことっていうのは、

『俺マジで人生楽しんでるし、すきなことやって生きてるし、だからお前たちもやればいいじゃん!」

って刺激を与えることなんだよね。そうなった時、慶應SFCの人たちは自分の好きなことそもそもやってるし、俺が介入する必要ないなって。それだったら東洋大学の方がいいなって思ったし、

後は俺ミャンマーにバックパックした時にすごいいいなって思って、

東洋大学にミャンマーを研究している人がいて。だから東洋大学を選んだ。」

S__6398170「なるほど、試験は一般受験(センター試験)で受けたんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「いや、AOで受けた。東洋大学にもAOはあって、というよりほとんどの大学にAOはあるんだけど。

AOは成績を見ないし、何より今まで自分がやってきたことを評価してくれるし、人間性を見てくれる。

まあ慶應SFCのAOとは若干違って、慶應SFCのAOは自分のプロフィールを1枚にまとめて提出するんだけど、

東洋大学は3000文字の自己紹介文を書かないといけないんだよね。」

スクリーンショット 2015-06-25 23.52.13

 

 

■吉田拓巳の転換ポイント

 

S__6398170「なるほど、なるほど。そういえば何がきっかけで外の世界に出てきたんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「実は最初は失恋が理由なんですよね・・・。

それまでは超ポジティブ人間だったのに生まれて初めて病み期というものに突入して、

同じ学校の子と付き合ってたんだけど

『なんでだろう、なんで俺はこの子のことばっかり考えてるんだろう。』

ってなってそのルーティンが嫌だったわけ。それで考えた結果、

俺は高校というコミュニティーの中だけにいるからだって思って、

外の世界にいったらいろんな人いるだろうってなっていろんなイベントに行き始めたってのがきっかけ。」

S__6398170「え、でも最初は何も情報入ってこないじゃん。そこはどうしたんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「あー、それはもともとFacebookが好きで、特に友達もいないのにいろんな投稿をしてたんだよね。

まあ何でFacebookを始めたかって言うと『ソーシャル・ネットワーク』っていう映画を見て、

英語って重要だなって思ったんだよ。それで知らない外人にひたすら連絡を飛ばして いて、

そしたらその中に臼井まりこっていう人がいて、その人がライフワークっていう

イベントに出ててたまたま見かけた時に俺も行ってみようってなって。最初は本当に緊張したんだけど、

それが今の交友関係を広げてくれた。」

スクリーンショット 2015-06-26 0.00.54

■東洋大学で今行っていること

 

S__6398170「そうなんですね、ちなみに東洋大学では何をしているんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「東洋大学ではNTED(なんちゃってっど)って言うのをやっていて、

要するにTED(プレゼンの番組)のパクリなんだけどね。今は毎回すごい人達が来て、

東洋大学の学生が『うわーすごいすごい!』ってなってるんだけど、

次はNTEDに東洋大学の人たちが実際に出て、プレゼンっていいなって思って欲しい。」

S__6398170「それはどうして始めたんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「俺、最初大学に入った時は「うへへへ大学楽しい」とかなってて、

いや実際ただの飲み会とかがすごく楽しくて、先輩とかが今夜うちにこない?とかやってくるわけ。

それで楽しんでいたんだけれども、俺野望とか目標とかあるから、

そっちの道に進んではダメだってブレーキがかかったんだよね。

それでもともとSNSとかで発信することが好きだから何か発信できることをしたいと思って始めた。」

スクリーンショット 2015-06-25 23.52.57

■学部学科の魅力とは

S__6398170「ちょっと大学の方に戻ると学部はどこに行ってるんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「国際地域学部っていうところに行ってる。」

S__6398170「それはどんな学部何ですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「一応支援系を勉強する学部で、国際援助とか発展途上国に対してどう援助するんだろうね

っていうのを考える学部。ボランティアが大好きなんですよっていう人達が沢山集まるところ。

だから夏休みとかはみんな海外とかに行って、カンボジアとかフィリピンとかでボランティアをしているんだけど

本当にそれが役にたってるのかどうかはわからない。(笑)」

S__6398170「どうしてその学部を選んだんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「そこしかAOがなかった・・・。」

S__6398170「・・・。(笑)」

S__6398170「じゃあ本当はどこに行きたかったんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「本当はマーケティング部とか行きたかった。

でも大学って他の学部の授業とかもでられるのであんまり気にはならないけど。

ただ、国際地域学部は国際という名がつくだけあって、英語を喋れる人もいるし、

他の地域から来てる人もいたりして、後は根が優しい人が多い。

だから俺は今の学部に実際通ってみてすごく気に入ってる。」

スクリーンショット 2015-06-25 23.52.23

■高校の頃に描いていた東洋大学とは

 

S__6398170「高校の時は東洋大学のことをどのように思ってたんですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「いや、俺本当に悪い癖なんだけど、見下すことが多くて、アホの集まりかなって思ってた。

でも実際通ってみるとSFCの友達とかと変わらないので大学はどこも変わらないのかなって思う。」

S__6398170「実際に入ってみて、東洋大学に感心した点はありますか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「教授ってすごいなって思う!教授ってやっぱり知識がすごくあって、

うちの学校にオフィス・アワーって言うのがあって、

それは週に2,3回教授と1対1で話せるやつなんだけど、

俺の知りたいことだったりをいろんな視点から教えてもらえて、それがすごく楽しいんだよ。

しかも1年生が話かけにきてくれるとすごく喜んで教えてくれる。だから講義とは違ってすごく面白い!」

S__6398170「ぶっちゃけ東洋大学は何点ですか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「100点満点!やりたいこととかも簡単にやらせてくれるし、

教室を自由に貸してくれて本当に何でもできる。先生とかもすごく喜んでくれるし、

ほとんどの人はやらないんだけど、やれる環境があることを知ってもらいたい。

俺は高校から描いていたビジョンがちゃんと描けてるし、毎日が本当に楽しい!

もしこれを見てる人がいたら本当に東洋大学に来てほしいなって思います。」

スクリーンショット 2015-06-25 23.52.37

■これからのビジョン

 

S__6398170「これから東洋大学でやりたいことはありますか?」

11650572_854529464626003_1209635003_n「まず自分がどんどん行動していろんな人に行動することを知ってもらいたい。

そして次はそれを見て俺も好きなことやりたいって思う学生をどんどん増やしていきたい。」

スクリーンショット 2015-06-25 23.52.46

■高校生に向けて

 

S__6398170「なるほど、じゃあ最後に高校生に向けてなにか1言お願いします」

11650572_854529464626003_1209635003_n「好きなことは絶対やったほうがいいと思う。そして辞めたいときに辞めたほうがいいと思う。」

S__6398170「以上ですか?!ありがとうございました!(笑)」

 

今回のインタビューは大分はしょってるんだけど、その理由としてはこの動画を見て欲しい!

それは拓巳が話をそらすから長いんだけど、その内容もまた面白い!

そのせいで動画が30分以上あります。

だからぜひ動画のほうを見てみてください!

オススメは8分31秒から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP