interview

17歳のころ@石川涼

2015.6.15

「17歳のころに何をすべきなんだろう」

「あの人は、どう過ごしたんだろう」

―若き日に誰もが抱く将来への不安、期待、焦燥。

17歳を生きるおのなおが各界で活躍する諸氏に直撃取材!

_________________________

今回のゲストは株式会社せーの 石川涼さん。

石川涼(いしかわりょう):

石川涼 VANQUISH代表

1975年神奈川生まれ。静岡育ち
2004年よりVANQUISHをスタート。

 

11130126_894178193957091_7600025480177839596_n

 

■オレは進路で悩んだこと無い

スクリーンショット 2015-06-15 19.22.08

 

小野:17歳のころはどんな感じだったんですか?進路とかで悩みましたか?

石川:いや、オレは進路とかで悩んだこと無いんだよね。

そう語るのは石川涼さん。 「ただヤりたいだけ」というインタビューが盛り上がっている話題の方。

渋谷109メンズなどで人気のファッションブランド“VANQUISH”を創業された方。

ここで石川さんの名言をいくつか・・・。

「ジョブスはこうだった」 「松下幸之助はああだった」 じゃねえよ! お前はどうなんだ。ってことだよ、アホか。

まわりの顔色ばかり気にしてて人生後悔しませんか? あなたは『人』じゃなく『世間体』と付き合ってるんですか?

「たかだか100人くらいの会社が、、、」 10人の会社も経営したこと無い奴が言うナンセンス。

いやー、かっこいい!

そんな石川さんはどんな17歳を過ごしていたのだろうか。

■バイト漬けの17歳

スクリーンショット 2015-06-15 19.22.20

石川:17の頃はね、ちょっと■■■なバイトをしてました(笑) というのもね17歳は夜働いちゃいけないからさ。

まわりは受験勉強していたんだけれども、 オレ勉強とか嫌いだったからね。

ずっとバイトばかりしてた。 すぐに社会にでたかったしね。とにかくいろんなバイトをしてた。

ガソリンスタンドからスーパーのレジ、バーテンダーまで幅広くやってた。

小野:一番しっくりきたのは何だったんですか?

石川:服屋かな。

小野:それはなにか理由があるんですか?

石川:だってモテそうじゃん(笑)

やっぱきっかけは女性だと強いですね!(笑)

そんな石川さんは本当に悩んだことが無いのだろうか。 いや、17歳といったら思春期。

ひとつぐらいは悩んだことあるだろう。聞いてみた。

石川:いや、本当に悩んだこと無いんだよね(笑) 将来に悩んでも意味ないと思ってたら。だから本当に悩んだことない。

小野:独立するときもスパっと切り替えられたんですか?

石川:サラリーマン時代に営業をやっていて、ずっと1番だったんだよ。

だから別に食っていけるだけは稼げるかなみたいな。

そうは言っても、学歴は高卒。あ、オレは中卒か(笑)

いや、そうじゃなくて(汗) 学歴にコンプレックスとか感じないのだろうか。

石川:いや、まあ確かに大学生活とかは憧れるけど、でも何も感じないよね。 だって関係ないし。

大学にいったから成功できるとも思ってないし。 それにオレ、新卒採用とか嫌いで。

とりあえず働くとこがないから何社も受けるみたいな、 実際はやりたいことと違うみたいな、それってすごく無駄じゃん。

みんなそんなにやりたいことないのかなって思っちゃう。

だからうちは新卒採用とかやらなくて、うちで働きたい人が来てくれたほうが全然嬉しいよね!

小野:じゃあ中卒の僕がここで働きたいっていったらOKですか?

石川:全然OKだよ!やる気のある人に働いてもらいたい!

VANQUISHが大好きなみなさん!聞きましたか!?

 

■やりたいこと以外はやりたくない。

スクリーンショット 2015-06-15 19.23.07

小野:なんでやりたいことが見つからない人が多々いるんでしょうか?

石川:なんでだろうね。

小野:多分インターネットが普及して、選択肢が増えたからだと僕は思うんですけど。

石川:でもさ、結局なにかやらなきゃいけないわけだし、 やらなきゃいけないことがやりたいことじゃなきゃつまらないよね。

小野:でも17歳の時は喫茶店で働いていたわけじゃないですか。 それはやりたいことだったんですか?

石川:17の時は車が欲しかったんだよね。欲しいものがあったんだよ。

あとは学校の友だちといるより大人といたかったんだよね。

小野:やっぱみんな外に出たほうがいいと思いますか?

石川:なんだろうね。でも、バイトした方がいいんじゃん。

学校外のことを知ったほうがいいと思う。 そうやって社会人と触れ合って自分の幅を広げていくことがいいと思う。

■もしも今17歳だったら…

スクリーンショット 2015-06-15 19.43.22

小野:今17歳だったら何をしますか?

石川:歌手を目指す(笑)

小野:いやいやいや、服関係無いですよね(笑) てことは高校とかいらないから辞めますか?

石川:うーん、まあでも今の環境下だったら辞めるかもね。

それで海外に行くかもね。学校が全てではないし、中卒も高卒も関係ないしね。

小野:じゃあそんな17歳の自分にアドバイスすることってありますか?

石川:うーん。。。なんだろうな。 もっと女の子に優しくしろよって言おうと思ったんだけど、 今も十分優しいしな(笑)

■17歳のみんなへ

石川:とにかくやりたいことをやったほうがいいね。

人に迷惑をかけることじゃなければ何やってもいいと思うし。

それにやってみないとわからないし。

______________________________

本当にやりたいことを見つけたほうがいい。

普通に無理だろ!と思うことも、頑張ればどうにかなる。

例えば、好きな女優さんに会いたいとする。

自分も俳優になるとか、テレビのディレクターになるとか、

バカバカしくてもいいからできるだけ具体的に考えていけばどうにかなる、はず。

じぶんのアイデアで夢が叶うかもしれないし、、そこに居合わせた誰かがいいアイデアをくれるかもしれない。

 

まあ、要するに何が言いたいかというと。

誰か堀北真希さんに会えるアイデアください、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP